チワワがなりやすい病気について詳しくご説明しております。

チワワがかかりやすい病気

チワワは虚弱な犬では決してありませんし、きちんと健康管理を維持すればいつまでも健康的な生活を送ることができます。

しかしながら、チワワにも病気はある程度付き物です。例えば下痢や嘔吐などはよくありますし、他にもかかりやすいと言われる病気があります。

ですので、飼い主としては充分な知識を持っておくことが必要です。まず骨の病気としては、膝蓋骨脱臼が考えられます。犬ですから運動器系の病気はやはり起こりがちですが、その中でも特にチワワに多いのが膝蓋骨脱臼です。

この膝蓋骨脱臼とは、チワワの後ろ脚の膝のおさらがずれたり外れたりしてしまう症状です。膝蓋骨脱臼は、小型犬の宿命とも言われますが、先天性の場合よりも落下事故などで起こる後天性のもののほうが多いため、やはり飼い方に注意しなければいけません。

飼い方がよければ起こらないとも言い切れませんが、環境を整えれば安心です。スキップのように歩いてしまったり、3本脚、爪先立ちなど、癖が一目でわかるような歩行をしますので簡単に見分けることができます。

水頭症はチワワの脳内奇形、つまり先天性の場合が大半です。主な見分け方は頭のてっぺん、モレラとも呼ばれますが、この部位の骨が薄くなっていて穴が開いているような手触りが感じられます。

行動に異常をきたしたり、麻痺することもありますので、これも監視項目として徹底するべきです。血液中の糖分濃度が下がり、コントロールができずに痙攣などを起しますので、もし、このような症状が出たらすぐにでも獣医に診て貰うべきです。

他には低血糖症などにチワワはかかりやすいと言われています。チワワを観察するとユニークなのが目の大きさです。丸くて突出していますが、やはり角膜炎などにもかかりやすいですので、注意が必要です。

外傷もちょっとしたことで起こったりすると、まぶたが痙攣したり、目が充血、混濁などの症状を呈しますので、日頃から注意すべき項目です。

このような異変に気付くのも、やはり飼い主がチワワに対してしっかりと知識を持っているかいないかで大きく変わってきます。

当サイトでは、チワワの正しい飼い方やしつけ方を学ぶことができるしつけ教材を、チワワオーナの方には特にお薦めしています。

下記でご紹介している先生方は、雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーです。

ですので、当サイトでご紹介しているしつけ教材を学べば、間違いなくチワワの異変などにすぐ気付くことができますし、今ある楽しい生活を更に楽しくすることができます。

もし、チワワの正しい飼い方やしつけ方をしっかりと学びたい方は、下記でご紹介しているしつけ方法を今すぐ学ぶことをお薦め致します。