チワワの無駄吠えのしつけ方は無理に叱っても逆効果になりますので注意が必要です。

TOP > 関連ページ > 無駄吠えについて

チワワの専門サイト

チワワの無駄吠えのしつけ方

チワワの無駄吠えが治まらない場合どうすればいいか、まず、チワワにとっての無駄吠えは臆病であることを表していますので、自信を付けさせたり、おおらかな性格にしてあげるのが、無駄吠えを止めさせる一番の方法です。

また、臆病とはいえ人間と同じでチワワにも個体差があります。やはり育てていくうちにすぐに吠えなくなる場合もあれば、時間がかかってしまう場合もありますので、ある程度許容力を持って接してあげることも大事です。

ペットショップから連れて来るなり、または育てていくうちにすっかり吠えるようになってしまった場合は、むやみに叱らないようにすることが大切です。

チワワが吠えてしまう原因も様々ですし、状況をしっかりと把握して、原因があれば取り除くこと、これだけで吠えなくなればまず一安心です。

ですが、原因とはまるで違う無理な治し方をさせようとすると、チワワはいつまで経っても成長できずに、飼い主の言うこともなかなか素直に受け入れてくれなくなってしまいます。

音がちょっとしただけでキャンキャンと鳴いてしまったり、近所迷惑ではないか、と思ったら単なる迷惑癖でしかありませんので、そのまま口を抑え込んでからしっかり目を見つめて、ダメと声を上げるようにしたり、できるだけ短いサインを使って習慣付けるのも大切です。

しかし、飼い主に対してはおとなしくなったと思ったら、今度はお客さんが登場する度にまた吠え出してしまうことがよくあります。

このような場合も同様に口を抑えて音が出ないようにしてしつけたり、あるいは1人だけになると吠え出すこともありますが、すぐに姿を出して叱るより時間を見計らって吠えるのを止めたら姿を見せて褒めてあげる、などの工夫が大切です。

チワワを留守番させている際、近所迷惑のまま長時間吠え続けるチワワもいますので、トレイに入ったりわざと鍵をかけて数十分姿を見せなかったり、様々な方法で慣れさせていくことが一番です。

嬉しいことがあると素直に「キャン!」と言えるような理想的なチワワにするためには、飼い主の努力あるのみだと思います。そして、その手助けをしてくれるのがやはりプロのドックトレーナではないでしょうか。

当サイトでは、雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーの先生方によるしつけ教材をお薦めしております。

自宅で簡単にしつけを学ぶことができる、これらの教材を使ってチワワをとてもいい子にさせた飼い主さんは延べ10000人を超えております。まさに、日本でもトップレベルのしつけ教材になっています。

もし、あなたがチワワの無駄吠えやトイレ、噛み癖などのしつけでお悩みであれば、下記の教材がとてもお薦めです。詳細は下記より確認することができますので、今すぐチェックしてみてください。

きっと、この教材があなたのチワワをとてもいい子にさせるきっかけになることは間違いないと思います。